上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「朝は一杯のコーヒーから。」
お紅茶派の僕には縁遠い言葉だと思っていましたが
映画『スターウォーズ』モデルのコーヒーメーカーが発売されたとなったら
話は別です。広告で見つけて即買いしてしまいました。
黒いボディの“ダークサイドモデル”と白いボディの“ライトサイドモデル”、
どちらにしようか迷いましたが
朝からダークサイドもなんだかなあと思い、写真の白モデルにしました。
SWファンの皆様、限定生産みたいなのでご購入はお早めに。

映画と言えば先日観た『フランケンウィニー』が
今年最後の一本になるかと思われますので年末恒例の
“誰が興味あんねん!2012年・劇場で観た映画のベスト10”を発表
させてもらいます。 観たのは60作品ぐらいでしょうか。

1位:ドライブ
2位:桐島、部活やめるってよ
3位:別離
4位:サニー 永遠の仲間たち
5位:アタック・ザ・ブロック
6位:おとなのけんか
7位:高地戦
8位:アルゴ
9位:アウトレイジビヨンド
10位:007スカイフォール
次点:フランケンウィニー
やられた賞:アイアン・スカイ

『最強の二人』も『おおかみこどもの雨と雪』も
『哀しき獣』も『ドラゴン・タトゥーの女』も良かったなあ・・・。
正直6位以下は悩みました。それぐらい今年は素晴らしい作品が多かったです。

『ドライブ』はウットリするような“ごちそう”バイオレンスシーンが満載。
 5分の3を観た段階で今年の一位になるであろうと確信しました。
『桐島、部活やめるってよ』は自分の中で『パッチギ!』以来の邦画の快作。
 出演者の皆さんも空気感もエンディング曲も◎。あとゾンビ愛も(笑)。
『別離』はイランの人間ドラマ。最後まで妙な緊張感で楽しめました。
『サニー』は韓国の女の子7人の友情ストーリー。3回ほど泣きました。
 余韻にもたっぷりひたれるし男性にもオススメな作品です。
『アタック・ザ・ブロック』は団地のワルガキが宇宙モンスターと戦う
 イギリス映画。基本こういうアホアホカタルシスみたいな映画が好きです。
『おとなのけんか』はマンションの一室で繰り広げられる79分の会話劇。
 こういう脚本が書ける人に憧れます。
『高地戦』は朝鮮戦争を描いた韓流の骨太戦争映画なんですが、
 終盤の展開にただただ驚愕。もし自分がそこにいたらと思うと…、ぁあー!
 とにかく予備知識なしでの鑑賞を推奨します。
『アルゴ』はウソのような実話をもとにした佳作。『別離』と同じイランが舞台。
 その時代の流れも興味深いです。
『アウトレイジビヨンド』ですが…何も言いません。『仁義なき戦い』なき後、
 3年に一回はこのシリーズの新作観たいっス!
『007スカイフォール』はここ何作かの007で群を抜いて秀作。
 ファンには“萌え~(古っ)”なシーンが連発だったと思います。
 イギリスへの思いもふくめてのトップ10入り。
『フランケンウィニー』はバートン先生の悪趣味が良い方向で炸裂。
 ガメラも出てくるし(笑)、『ナイトメア』より個人的にはこっちが好きです。

【やられた賞】は【ワースト賞】に変わって今年からの新設です。
まさかあの連中が月に!とにかくその設定にやられました。

いやー、本当に映画っていいもんやーん!

とか何とか言ってたら、あらヤダっ。
あと数時間で2012年も終わり。
今年もいろいろありがとうございました。
どうか元気で お気をつけて☆


201212301652000.jpg
スポンサーサイト

 

 

★ TOP / DIARY / QUIZ  BBS  PROFILE  LINK

 


  無料blog
写真素材サイト【洋々凛々】  金魚のことなら・・・桜錦道~桜錦愛好会~
結婚報告はがき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。