上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年の瀬でございます。
娘は無事にスクスクと育っています。
春先に撮ったこんな写真を見返しながら
部屋の大掃除ならぬ小掃除にいそしもうとする今日このごろ、

先日観た韓流トンデモ異色作『メビウス』が
本年度最後の一本になるかと思われますので年末恒例の
“誰が興味あんねん!2014年・劇場で観た映画のベスト10”を発表
させてもらいます。 今年も観たのは60作品ぐらいでしょうか。

1位:ダラス・バイヤーズクラブ
2位:ウルフ・オブ・ウォール・ストリート
3位:ジャージー・ボーイズ
4位:悪魔は誰だ
5位:LIFE!
6位:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー
7位:インターステラー
8位:フューリー
9位:ゴーン・ガール
10位:グランド・ブダペスト・ホテル
次点:ケープタウン、天才スピヴェット
涙見せずに笑顔でサヨナラ賞:菅原文太さん

わわ、BEST10中 マコノヒー兄さんが3作に出演!てな一方、
ありゃりゃ? 例年なら2本ほど入る邦画が今回はゼロ。

あれもこれも観てたハズなんですが・・・やっぱり
『そこのみにて光輝く』を見逃したのが痛かったなあ。
てなこと言いながら今年も秀作ぞろいだったと思います。


『ダラス・バイヤーズクラブ』は主人公のシビれる生き様と
マコノヒー兄さんのシビれる役作りに脱帽。

『ウルフ・オブ・ウォール・ストリート』は圧倒の3時間。
こんな話 日本じゃ絶対無理。何回か大笑いしました。

『ジャージー・ボーイズ』は安心のイーストウッド作品。
老若男女楽しめる教科書的な一作。

『悪魔は誰だ』は個人的に絶賛の韓流映画。
でもなかなか評価の声を聞きません。僕がおかしいの?笑

『LIFE!』は僕と同世代で疲れ気味の男性に観て欲しい一作。
綺麗な景色の数々と爽やかに背中を押してくれるエンディングが◎。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』は『パシフィック・リム』
に続く少年時代を漫画とSF映画で過ごした人にはたまらない傑作。

『インターステラー』はハードル下げて観に行った僕がアホでした。
なかなかどうしてスケールのスペースロマンチックな良作でした。

『フューリー』は最近あまりなかった戦車メインの骨太戦争作品。
 本物の戦車の中で寝泊まりして撮影に挑んだ役者陣にも拍手。

『ゴーン・ガール』は一言で言えば先の読めない実力派サスペンス、
 もう一言で言えばただただ女の人って怖いという・・・笑

『グランド・ブダペスト・ホテル』はとにかく美術にウットリ。
 一年に一本はこの監督の新作を拝見したいものです。

【涙見せずに笑顔でサヨナラ賞】
 三船敏郎さんと並ぶ僕が大好きな日本の銀幕俳優さんでした。合掌☆

いやー、本当に映画ってええもんやーん!

とか何とか言ってたら、あらヤダっ。
あと数時間で2014年も終わり。
今年もいろいろありがとうございました。
どうか元気で お気をつけて☆

シロツメクサ_convert_20141231122127
スポンサーサイト

 

 

★ TOP / DIARY / QUIZ  BBS  PROFILE  LINK

 


  無料blog
写真素材サイト【洋々凛々】  金魚のことなら・・・桜錦道~桜錦愛好会~
結婚報告はがき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。