上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011.03.01 風景退化論5
 ロッテへの人的補償として高浜選手が移籍することになりました。
オープン戦でのイキのいいプレイで今年こそ一軍での活躍が見れると
楽しみにしていた矢先にこれでっか? あまりにも殺生やおまへんか?
まあ僕が「いやや!いやや~!」と暴れた所でどうしようもありません。
高浜選手にはロッテでがんばってもらい久慈はんのように10年後ぐらいに
戻ってきてもらいましょう。  あー、外は悲しみの雨ですわ…。

で、今日は映画館の話です。
一月の『レッチリ』公演のバタバタの間に
浪花の映画好きにとって“最後の城”であった
松竹会館こと梅田ピカデリーが閉館しました。
『ガンダム 哀戦士編』を小4の時に観たのが最初の記憶です。
あの頃はチケットの座席予約とかなかったんで
席を取りたいから前の回の上映中に劇場の中に入って
はしの通路や後ろの方で終わるのを待ったりしました。
内容は知りたくないので目と耳ふさいだりしましてね。
で、エンドロールとかに席を立った人のところへババっと走って
自分の席を確保するわけですね。
観てる人からしたら迷惑な話なんですが当時は結構普通でした。

『風の谷のナウシカ』の初日に朝から友だちと並んだなー。
人でごったがえす中で『E.T』のグッズとか買ったなー。
『学校』で泣きすぎて目をはらしてしまい下むいて帰ったなー。
ああ、もうピカデリーで映画観たあと
泉の広場の古譚でラーメンすすりながら感想言いあうこともないのねー。
え、興味ないっす?

三番街シネマ、東映会館、そしてピカデリーもなくなってしまいました。
ナビオ阪急の上も昔の面影はありません。
(堂山のモーホー劇場をのぞいて)本当に梅田そして難波から
“Maid in 昭和”の映画館が消えてしまいました。
気がつけば天六シネ5ビルから手描きの上映作品看板がなくなっています。
これは非常に危険な状態ではないでしょうか。

昔は良かったと声高に叫ぶつもりはありません。
建物の老朽化や不況による効率化もあるでしょう。
しかしそこにあった思い出の風景がめったやたらと無くなり続けるのも
残念すぎる話ではないでしょうか。
ちなみにピカデリーのかわりとして新しい大阪駅に
関西一でっかい「ステーションシティシネマ」というのができるそうです。
へえ、そないだっか。 ってゆーかもうシネコンよろしいですわ…。

解体を待つピカデリーの前を歩くのが切ないです。
悲しみの雨はしばらく止みそうにありません。

201102021340000.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toramoto.blog26.fc2.com/tb.php/204-f69a8f4e

 

 

★ TOP / DIARY / QUIZ  BBS  PROFILE  LINK

 


  無料blog
写真素材サイト【洋々凛々】  金魚のことなら・・・桜錦道~桜錦愛好会~
結婚報告はがき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。