上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
昨日、サバンナ八木さんのおめでたい結婚式がありました。
それはそれは素敵な時間でした。
そこで僕は昼の挙式と夜の披露宴の写真撮影を担当させてもらいました。
数週間前ご本人から直々に
「たのんでいい?」
というリクエストの電話をいただいたのです。
カメラマニアでもないなぜ僕が? と言いますと心当たりは一つです。
サバンナさんがbaseよしもとでイベントをされてた時に
僕がイベントで使用する写真がかりを担当していたからです。
それを覚えていてもらってて“任命”の運びになったわけです。
八木さんには本当にお世話になりっぱなしでした。
少しでも恩返しをさせてもらわなければという思いと
僕を頼ってくれたんだという嬉しさから
「は、はい!やります!やらせて下さい!」
と即答しました。
しかし電話を切って「よし、がんばるぞォ!」のポーズから数えること
わずか0.05秒後に僕を襲ったのは
「でもほんとにやれんの?」という自責の念でした。
なぜなら僕が当時使っていたのは本当にシャッターを押すだけの
簡単なカメラで、しかも屋外の撮影がほとんどでした。
一生に一度のハレの舞台で OLがバーベキュー大会に持ってきそうな
デジカメを使うわけにはいけません。
当然、いろんな場面をクリアにおさめる一眼レフでの撮影が必要となります。
あせりました。 どう考えても経験不足です。
しかし期待に何とかおこたえしたい!
そんな強い気持ちでざっと本にも目をとおしました。
忙しいプロカメラマンの友達に泣きつきレクチャーも受けました。
そして本番にいどみました。

皆さん、今回僕が学んだことは二つです。
【恩返しは慎重に】
ということと
【一眼レフは奥が深すぎる】
ということです。

僕は新郎新婦お二人のご多幸を心よりお祈りします。
これを読んだ皆さんは僕が撮った写真を見た八木さんが
ガッカリされないことを全力でお祈りして下さい。(笑)

で、
一夜明けて本日41歳になりました。
ピンボケ野郎に282年ぶりの金環なんたらを
観る資格などありません。
とか言いながら本当は特製メガネをGetできなかっただけです。
こんな僕を
             冷たい目で見な~いでぇ~♪


201205211703000.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toramoto.blog26.fc2.com/tb.php/220-797b93a7

 

 

★ TOP / DIARY / QUIZ  BBS  PROFILE  LINK

 


  無料blog
写真素材サイト【洋々凛々】  金魚のことなら・・・桜錦道~桜錦愛好会~
結婚報告はがき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。