上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 おでんのおいしい季節になりました。
そして今年はなんといっても第一子誕生という幸せが
我が家に訪れました。
いやー、おでんも家庭もほっかほかが一番ですよね。
(何これ…。)

さて、先日観た『永遠の0』が
本年度最後の一本になるかと思われますので年末恒例の
“誰が興味あんねん!2013年・劇場で観た映画のベスト10”を発表
させてもらいます。 今年も観たのは60作品ぐらいでしょうか。

1位:パシフィック・リム
2位:ゼロ・グラビティ
3位:横道世之介
4位:そして父になる
5位:アイアンフィスト
6位:風立ちぬ
7位:ベイビー大丈夫かっ ビートチャイルド1987
8位:ジャンゴ 繋がれざる者
9位:かぐや姫の物語
10位:クロニクル
次点:地獄でなぜ悪い
やられた賞:テッド

『凶悪』も『ルーパー』も『ムーンライズ・キングダム』も印象的だったなあ。
『ライフ・オブ・パイ』と『セディック・バレ』は劇場で観るべきだったなあ・・・。
てなこと言いながら今年も秀作ぞろいだったと思います。

『パシフィック・リム』は僕らが少年時代に大切にしていたものを見事に映像化して
 くれました。2位と迷いましたがやっぱりこっち!
『ゼロ・グラビティ』はチープな表現になってしまいますが“革命的”な映画だと
 思いました。とにかく充実の90分。まだ観てない人、3Dで是非ご覧ください!
『横道世之介』は僕ら世代の心をふるわす隠れた名作です。邦画でほっこりしたい方に
オススメです。
『そして父になる』は“まもなく父になる”タイミングで観たのですが
 いろいろ考えさせられました。これも日本人必見です。
『アイアンフィスト』は自分好みのテイストが炸裂したハリウッド製お馬鹿カンフー映画。
こんな作品を作るのがぼくの夢です。笑
『風立ちぬ』は『千と千尋』以来の「おおっ!」と思った宮崎監督。
 この方の作品がこれから観られないのが本当に残念です。世界規模の痛手かと。
『ベイビー大丈夫かっ ビートチャイルド1987』はその昔、熊本で決行されたクレイジーな
オールナイトライブのドキュメント。ヒロトも氷室さんもみんな若いっ!客にも拍手!
『ジャンゴ 繋がれざる者』は大好きなタランティーノ師匠の西部劇。
 しかし8位(笑)。うーん・・・。 早く次の作品が観たいっス。
『かぐや姫の物語』は職人のお仕事を堪能させていただきました。
 賛否分かれる“お迎え”のシーンが僕的には良かったです。
『クロニクル』は少年ジャンプ黄金世代に是非観て頂きたい珍作。
 後半の展開がとにかくすごい!
【やられた賞】の『テッド』はとにかく笑わせてもらいました。
 日本人には到底思いつかないその発想に脱帽です。

いやー、本当に映画ってええもんやーん!

とか何とか言ってたら、あらヤダっ。
あと数時間で2013年も終わり。
今年もいろいろありがとうございました。
どうか元気で お気をつけて☆

113.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://toramoto.blog26.fc2.com/tb.php/234-602cfb4b

 

 

★ TOP / DIARY / QUIZ  BBS  PROFILE  LINK

 


  無料blog
写真素材サイト【洋々凛々】  金魚のことなら・・・桜錦道~桜錦愛好会~
結婚報告はがき
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。