FC2ブログ
 作家仲間の和田さん(以下、わーやん)と年末特番の打ち合わせを終え、
千日前にある某老舗洋食店でお昼御飯を食べた時の出来事です。
横に長い机に着席させられ、
隣のイスにカバンを置こうとすると店員のおばちゃん①がかたくなに
「お客さん来はるかもしれませんので。」と言い張り僕らのカバンを取り上げ足元に置くんですよ。
お客さんの数はまばらで「あら?」と思ったんですが、まあその店の
ルールだったら仕方ないかと思い 僕もわーやんも従いました。
で、注文したトンカツ定食を食べ始めて中盤にさしかかったその頃
同じ机の幾つか隣に座っていたお客さんが帰り、店員のおばちゃん②が
その後片付けを始めた時に事件は起こりました。
僕とわーやんが「えっ!?」というセリフを同時に口に出したのにも理由があって
そのおばちゃんがあまりにも勢い良く机を拭くものですから、その振動が僕らのテーブルまで伝わり
僕のトンカツ定食についていたみそ汁が大揺れして辺り一面にドバドバとこぼれたからなのです。
あまり詳しく書きませんが思ったより大きい被害でした。
で、何よりもショッキングだったのが足元に置かされたお気に入りのカバンに
みそ汁が「うそーん!」レベルでかかっていたことです。
隣のイスの上に置いていたらこんな惨事にならなかったのに…。
またその対処というのが目茶苦茶で、「机がつながっているからこうなったんです。」という
わけのわからぬ言い訳の連呼、さらに汚いフキンで拭こうとする始末。
あたりを見廻すと、僕らのあとに入ってきた数組のお客さんは
自分の隣の席に堂々と荷物を置いているのに一切の“お咎めなし”。
「どないやねーん!!」と心の中でつっこみ
あげくの果ては会計。カバンのことで「ごめんなさいね。」と謝るおばちゃん③に1万円出したら
「小さいお札無いですか?」とここにきてそんなことを言い出す始末。
レジの中にはお釣り用の紙幣があふれるほどあるのが僕らの肉眼でも確認できているんです。 
これって一体どういうことでしょう!?
僕はすっかり呆れてしまい温厚で有名なわーやんの方が立腹していました。
結局お詫びをかねて800円を500円にしてくれましたが もうどうでもいい段階でしたわ。

そんなFU◎Kなおばちゃん①②③にガツンとジョンの鉄拳を!!

ということで私が頑張って脚本を書かせていただいた『功夫ジョン』の完全版DVDが
まんをじしての発売となりました。
楽しい映像特典つきですのでよろしければお買い求め下さい。

20071205030725.jpg

スポンサーサイト



Secret

TrackBackURL
→http://toramoto.blog26.fc2.com/tb.php/84-0b04c359

 

 

★ TOP / DIARY / QUIZ  BBS  PROFILE  LINK

 


  無料blog
写真素材サイト【洋々凛々】  金魚のことなら・・・桜錦道~桜錦愛好会~
結婚報告はがき